牡蠣を美味しく食べるためのコツ

ブランド牡蠣

牡蠣好きの方ならご存知の方も多いのではないでしょうか?

 

牡蠣の中には「ブランド牡蠣」と言われているものがあります。

 

各産地によるその土地ならではのこだわりによって育てられていて、根強いファンも大勢いるそうです。

 

ぜひ一度、牡蠣の美味しい時期に食べていただきたい「ブランド牡蠣」をいくつかご紹介します。

 

「的矢(まとや)かき」
三重県志摩市にある的矢湾で養殖されている牡蠣です。

 

滅菌された海水で18時間以上育てることで、ほぼ無菌状態の牡蠣が生産されています。

 

火を通さずに生で安心して食べることができる牡蠣として、市場でも売れ筋の商品です。

 

また、三重県ブランドとしても認識されていて、人気がある牡蠣なのです。

 

「カキえもん」
北海道厚岸町で養殖されている牡蠣です。

 

カキえもんは、ずっしりと肉厚であっさりとした牡蠣です。

 

ですから、生で食べる牡蠣に目がない方に大絶賛されているそうです。

 

一般的には、数珠状につないだ貝に、牡蠣の稚貝を何十個か付けて養殖するのですが、このカキえもんは1つの貝に一つだけ付着させる「シングルシード」という方やり方で育てられていて、これにより、生食にあった牡蠣が作られています。

 

「かき小町」
こちらは牡蠣の名産である広島で養殖されている牡蠣です。

 

かき小町は三倍体カキとも呼ばれているもので、その名の通り、通常の牡蠣よりも相当大きな粒をしているのが特徴です。

 

さらに、この牡蠣は「一年中が旬」と言われており、季節を気にすることなく楽しむことができるので、ブランド牡蠣としては、かなりヒット商品となっています。

ブランド牡蠣関連エントリー