牡蠣を美味しく食べるためのコツ

牡蠣の産地

牡蠣の産地と言えばどこを思い浮かべますか?

 

牡蠣好きの方なら当然知っているかも知れませんが、広島県や宮城県などが有名ですね。

 

日本で産出される牡蠣の50%以上は、広島県で出荷されていて全国トップの生産量を誇っています。

 

広島は、牡蠣の養殖にベストな漁場を持っています。

 

波もゆるやかで、潮の流れも穏やか、これは養殖場として最高の条件となる環境です。

 

それだけではなく、広島周辺の海は、牡蠣を育てるのに適した塩分濃度や水温を保っています。

 

また、牡蠣の餌であるプランクトンがたくさん存在するという環境など、いくつもの好条件により大量の牡蠣を生育することができるそうです。

 

牡蠣の養殖発祥の地と言われるているだけあって、美味しい牡蠣を育てるためにいろいろな努力がされています。

 

もう一つの産地として名高い宮城県でも、広島県と同じように牡蠣の養殖が盛んに行われています。

 

宮城県沿岸はよく知られている通り、リアス式海岸と言われる地形です。

 

この地形は、何本もの川が流れ込むもので、それが牡蠣を育てるのに重要な役割を果たしています。

 

広島の牡蠣と同様に、何本もの川が流れ込むという環境は、プランクトンが増殖しやすいため、高級な牡蠣を作ることが可能なのです。

 

広島県も宮城県も最適な漁場に恵まれていることだけに多頼りきっているだけでなく、何十年も前から続けてきた、生産者の方達の手間技や術があるからこそ、私達の食卓に美味しい牡蠣を並べることができるのです。

 

自然の恵みをいっぱいに吸収して、生産者達の汗と涙の結晶といえる牡蠣は素晴らしい食材です。

牡蠣の産地関連エントリー