牡蠣を美味しく食べるためのコツ

大人向けの牡蠣料理

お子さんからおじいちゃん、おばあちゃんまで、どんな世代の方々から好かれている牡蠣ですが、ご家庭で牡蠣を楽しむ時に、お父さんは少し物足りないかな〜なんて思ってはいませんか?

 

そこで今日は、ちょっとだけ大人向けな牡蠣レシピをご紹介します。

 

「牡蠣のチリソース炒め」
海老チリを作るのと同様に、チリソースで牡蠣を絡めた料理です。

 

スーパーなどで売っているチリソースを使用しても十分楽しめますし、売っているものにお好みで豆板醤などを加えるだけでも、おいしさがアップします。

 

甘めがお好きな方はケチャップを加えてみたり、まろやかな辛さがお好きな方は、卵を加えてみたりすれば、大人だけでなく、お子さんでも美味しくいただくことができるでしょう。

 

「牡蠣のキムチ鍋」
お子さんがいるご家庭ではほとんど出番のないキムチ鍋ですが、牡蠣とキムチの相性はピッタリです。

 

家族分の鍋を用意したら、大人分だけを他の鍋に取り分けて、キムチを足してもいいかもしれません。

 

もしキムチがないようでしたら、代用として市販の「キムチの素」を使いましょう。

 

キムチの素で白菜を処理するのではなく、直接鍋にキムチの素を入れます。

 

お好みの辛さになるように少しずつ調整するのが、美味しいキムチ鍋を作るコツです。

 

また、牡蠣を加えるタイミングにも美味しくするコツがあります。

 

出汁が沸騰していないときから牡蠣を煮込むのは、臭みが出る原因になります。

 

沸騰しているのを確かめてから、牡蠣を入れるようにしましょう。

 

ピリ辛の味が食欲をアップしてくれるでしょう。

 

日頃のお仕事で疲れが溜まっているお父さんのためにいかがですか?

大人向けの牡蠣料理関連エントリー