牡蠣を美味しく食べるためのコツ

牡蠣の風味を料理に生かす

牡蠣が大好物で仕方がないという方の中には、牡蠣が多く出回る季節だけではなく、1年中牡蠣の美味しさを楽しみたいと思う方もいるかもしれません。

 

そういった方におススメなのが「オイスターソース」です。

 

この調味料は、牡蠣が好きな方のみでなく、中華料理が好きな方、または料理好きな方など、知らない人はいないと言っていいくらいポピュラーなアイテムではないでしょうか?

 

いつもの炒めものにちょっこっと加えるだけで、本場の味わいを出すことが出来ます。

 

牡蠣を塩で茹でた時に出る煮汁に、小麦粉やデンプン、砂糖やその他の調味料を足して調合することで作るものなのですが、オイスターソースの発祥の地は、中国の広東省だと言われています。

 

かつて、中国では、牡蠣を生のまま食べるという習慣がなく、牡蠣を干して食べることが一般的だったそうです。

 

干し牡蠣を作る際に出来た上澄み液には、牡蠣の旨味がたくさん含まれていて、それを料理に使用するようになったのが、オイスターソースの始まりだと言われています。

 

このオイスターソースの風味や旨味を活かせる料理として、焼きそばを作ってみませんか?

 

焼きそばと言えばソース焼きそばがメジャーですが、ソースを牡蠣の風味がいっぱい詰まったオイスターソースに変更するだけで、普段のソース焼きそばが、広東風焼きそばに変身します。

 

野菜のだけでなく、イカやエビなど、お好きな魚介類を入れると、より美味しく仕上がります。

 

短い時間で誰にでもできる料理なので、ぜひ作ってみてください。

牡蠣の風味を料理に生かす関連エントリー