牡蠣を美味しく食べるためのコツ

お酒がすすむ牡蠣料理

牡蠣が大好きという方の中には、お酒にも目がないという方も多いのではないでしょうか?

 

美味しい牡蠣は、お酒のおつまみとしてはピッタリですよね?

 

牡蠣とお酒という、セットは満足な時間を作ってくれるアイテムとしてベストかもしれません。

 

牡蠣もお酒も大好きという方のために、今回はお酒がぐいぐい飲めてしまうような、牡蠣の料理法をご紹介します。

 

「牡蠣のソテーおろしポン酢和え」です!!

 

牡蠣のソテーと言えば、簡単に料理できる定番メニューかもしれません。

 

その牡蠣のソテーに、大根おろしとポン酢を一緒にすると、お酒のおつまみに最適のアイテムになります。

 

作り方はとてもシンプルです。

 

1.牡蠣を丁寧に水洗いして、水気を拭きとっておく。

 

2.1の牡蠣に小麦粉をまんべんなくまぶす。

 

3.中火で加熱したフライパンにバターまたはオリーブオイルをひき、牡蠣を並べる。

 

4.牡蠣の表面がキツネ色になってくるまでしっかりと火を通す。

 

5.大根おろしとポン酢を混ぜたものに、3の牡蠣を入れ、よく和える。

 

6.青ネギやわけぎを散らして、出来上がり。

 

牡蠣さえ用意すれば、家にあるものでささっと出来てしまいそうですね。

 

ぜひ今日のおつまみに作ってみませんか?

 

牡蠣のソテーは、ニンニクをたくさん入れて炒めたり、付け合わせを変えてみたりすると、様々なバリエーションで楽しむことが出来ます。

 

牡蠣はどんな素材と組み合わせても、美味しくなる食材ですから、オリジナルの牡蠣ソテーにチャレンジしてみるのも、面白いかもしれませんね。

お酒がすすむ牡蠣料理関連エントリー