牡蠣を美味しく食べるためのコツ

おいしい牡蠣フライの作り方

牡蠣料理でお決まりのものと言ったら「牡蠣フライ」ですよね?

 

衣のサックリとした食感と、牡蠣のジューシーさが病みつきになる一品です。

 

定番中の定番と言える料理なのですが、いざ家で作った時、レストランなどで食べた時と比較すると、なんか物足りないと感じたことはないですか?

 

脂っぽかったり、ベチャっとなってしまったり…揚げ物は、素材の処理の仕方や油の温度の違いなどで、出来上がりに違いがでやすいので、作る度に出来上がりが違うなんとこともよくあることです。

 

ご家庭で美味しい牡蠣フライを作る時の、いくつかのコツがあります。

 

それらを守るだけで、今までより何倍も美味しくできますから、試してみて下さい。

 

「ポイント1」
牡蠣はできるだけ大きい粒を選ぶ、または、小さい粒の時は、2つをまとめて作るようにする。

 

ジューシーさを引き出すためには欠かせない方法です。

 

「ポイント2」
牡蠣を洗う時は、形を壊さないようにやさ〜しく洗う。

 

「ポイント3」
つなぎには卵だけを使うのではなく、卵、小麦粉、牛乳を合わせたものを使用する。

 

「ポイント4」
パン粉は生パン粉を使い、たっぷりのパン粉でやさしくまぶす。

 

生パン粉がなくて、乾燥パン粉を使う場合は、細かく砕いたものを使う。

 

余分な油を吸うとなく、さっぱりカリッと揚がります。

 

特別なものを使わなくても、いつもの牡蠣フライの作り方を、ほんのちょっとだけ変えるだけで、レストラン顔負けの美味しい牡蠣フライが出来上がります。

 

さあ、今夜のメニューに牡蠣フライはいかがですか?

おいしい牡蠣フライの作り方関連エントリー