牡蠣を美味しく食べるためのコツ

漁師直伝の牡蠣の食べ方

牡蠣だけではなく、私達に美味しい魚介類を届けてくれる漁師さんには、その素材を手軽に美味しく食べるアイディアを持っています。

 

そんな食べ方は、たびたびテレビなどでも紹介されていますが、画面の中でさえよだれが出てくるくらい美味しそうに見えませんか?

 

獲れたてのフレッシュな牡蠣は、どんな方法で食べてもおいしいでしょうが、ここでは漁師さんお勧めのレシピをご紹介しましょう。

 

牡蠣の収獲で多忙な時でも、手軽に牡蠣を美味しく食べられる方法として楽しまれているのが「酒蒸し」です。

 

どういった作り方で調理するかというと、少々大き目の缶に豪快に牡蠣を入れ、蒸すために必要なぐらいのお酒を入れあとは蒸すだけという、手間いらずなやり方です。

 

蒸すことによって、殻を開けるのも容易になりますし、食べて済んだら、牡蠣の殻を蒸すために使った缶に入れて始末すればいいので、片付けの煩わしさも省けます。

 

手間いらずで、お手軽に食べることができるというこの方法は、漁師さんだからこをの知恵ですよね?

 

家庭でこの食べ方をやる時は、ホットプレートを使用するといいそうです。

 

ホットプレートの上に、牡蠣の平べったい方を下にして敷き詰め、お酒を振りかけて蓋をします。

 

このやり方なら、缶を使わなくても、漁師さんが缶でやるのと同じように、牡蠣の酒蒸しを味わうことができます。

 

醤油をお好みでたらしたり、牡蠣が持つ塩味そのものだけで楽しんだり、蒸すことで旨みが凝縮された牡蠣は、絶品だそうですよ。

 

これからやってくる牡蠣シーズンに、ぜひお試し下さい。

漁師直伝の牡蠣の食べ方関連エントリー