牡蠣を美味しく食べるためのコツ

生牡蠣のおいしい食べ方

牡蠣を味わうなら何と言っても生牡蠣がいいと思っている方もたくさんいるのではないでしょうか?

 

ツルンッとした喉越しと、コクがある味わいは生牡蠣以外では楽しむことができませんよね?

 

生牡蠣の食べ方としてもっとも人気があるのが、殻付きの獲れたばかりの牡蠣に、レモンを搾って食べるという方法かもしれません。

 

牡蠣の塩加減とレモンの酸味が見事にマッチして、さっぱり美味しくいただけます。

 

この食べ方ならいくつでも食べられるという方もたくさんいるかもしれませんね。

 

大人の味にしたい時は、ポン酢にもみじおろを加えていただくといいでしょう。

 

ピリ辛と酸味が牡蠣の美味しさをきわ立たせてくれて、とても美味しくいただけます。

 

熱燗にピッタリで、絶対お酒がすすむ一品となることでしょう。

 

ここで少しばかり変わったレシピをご紹介しましょう。

 

スコットランドで楽しまれている食べ方なので、ぜひお酒好きの方は食べてみてほしい方法です。

 

スコットランドでも日本と同じで、一部の地域で獲れる牡蠣が人気になっていて、牡蠣を愛する方達には評判がいいそうです。

 

そこで生牡蠣を召し上がる方法として、少し臭みの強いウイスキーをかけます。

 

その風味は、燻製した牡蠣に似ていて、お酒のおつまみに最高です。

 

ウイスキー通の方ならあのウイスキーかと、ピンっとくる方もいらっしゃるかもしれませんが「シングルモルトウイスキー」というウイスキーが、生牡蠣に合うそうです。

 

今日はまったりとお酒を楽しみたい、そんな日にぜひ一度お試し下さい。

生牡蠣のおいしい食べ方関連エントリー