牡蠣を美味しく食べるためのコツ

牡蠣の臭みを取るには

牡蠣は様々な楽しみ方があって、毎回どういう調理法で食べようかとワクワクしながら料理するという方もいらっしゃるでしょう。

 

新鮮な時は、それほど気にならないかもしれませんが、牡蠣の臭みが鼻につく時はありませんか?

 

このような時、あなたはどのような処理していますか?

 

牡蠣の臭みを消すための処理には何通りかの方法がありますので、ご紹介しておきましょう。

 

1.牛乳を使って臭みを取る
もしかしたらたくさんの方が試している方法かもしれません。

 

どこの家庭でも牛乳は冷蔵庫に入っているアイテムですので、臭みを取るために特別なものを用意しなくてもいいので、とても簡単です。

 

方法もすごくお手軽で、牛乳に牡蠣を浸しておくだけでOKです。

 

そのあと、キッチンペーパーなどで牛乳を拭き取って料理していきます。

 

2.片栗粉を使って臭みを取る
魚介類の臭みを取る方法として広く知られている方法です。

 

片栗粉を牡蠣にまぶして、よく絡めてから、水で洗って片栗粉を落とします。

 

牡蠣の表面に付いた汚れもキレイにすることができるので、一石二鳥です。

 

3.大根おろしで臭みを取る
牡蠣を大根おろしの中にいれて、やさしくかき混ぜます。

 

少し経つと、大根おろしに汚れが出てきますので、牡蠣を取り出し、薄い塩水で洗って下さい。

 

大根おろしを落とすのがちょっと手間ですが、少しぐらい付いたままでも調理ができる、鍋ものなどの時にオススメの処理方法です。

 

臭みを取るというちょっとした手間を追加するだけで、牡蠣の美味しさも格別になります。

 

必ず家庭にあるもので手軽に処理することができますので、次からはぜひ一手間加えて料理してみてはいかがですか?

牡蠣の臭みを取るには関連エントリー