牡蠣を美味しく食べるためのコツ

牡蠣の毒性について

牡蠣を含め貝類には、毒性を持つことがあることは皆さんもよくご存じでしょう。

 

それは、貝類が食べる海水中のプランクトンが毒性を持っていると、そのプランクトンをエサにした貝が、その毒を自分の体の中にどんどん溜め込んでしまうからです。

 

近年では、安全に食べることができるように処理する研究が開発されているので、私達の食卓に届く時までにきちっと処理されているため、それほど心配することはないのですが、毎年牡蠣のせいで中毒を起こしたというニュースも耳にしますので、牡蠣が保有している細菌について、少しお話ししていきます。

 

まず、なぜ牡蠣が細菌を持ってしまうのかと言うと、以前お話ししたように海中の有毒なプランクトンの影響のせいというのもありますが、この他に、プランクトンだけでなく海水そのものにも一定量の細菌が存在するからです。

 

特に注意したい細菌はこれからご紹介するものです。

 

「大腸菌」
激しい腹痛や下痢を起こします。

 

決まった温度で一定時間火を通すことで死滅するそうですが、牡蠣の場合、紫外線殺菌や殺菌海水などの処理をされて出荷するという安全策がされているそうです。

 

「赤痢菌」
韓国では、これが付着した牡蠣が原因になって、大量感染したという恐ろしい菌です。

 

ですが、日本では、感染する可能性はとても低いそうです。

 

「ノロウイルス」
激しいおう吐や下痢をもたらします。

 

日本では2000年頃から問題になっている細菌で、85℃以上で1分以上加熱することで死滅が可能なことから、牡蠣を含めた二枚貝と呼ばれる貝類について、保健所等では、十分加熱してから食べるようにと、働きかけています。

 

牡蠣の毒性について関連エントリー