牡蠣を美味しく食べるためのコツ

おいしい牡蠣の選び方

ついに牡蠣の美味しい季節になりました。

 

毎年この時期を待ちくたびれている方も多いのではないでしょうか?

 

毎年お取り寄せをお決まりのところからしている方、今まで味わったことのない牡蠣を探し求めている方など、牡蠣を選ぶ基準は人それぞれですが、ちょっとでも美味しい牡蠣を選びたいという気持ちはみんな同じです。

 

そこで、今回は、美味しい牡蠣を選別するためのポイントをご紹介します。

 

初めは、殻付きの牡蠣を見分ける時のポイントです。

 

・直接に手に取ってみて、重さを確かめましょう。

 

何個か持ち比べてみると重さの違いがわかります。

 

どっしりと重く感じるものの方が、身が詰まっていて美味しいそうです。

 

・口を閉じているものを選びましょう。

 

口が開いてしまっていると牡蠣の身が空気に触れてしまい、味が悪くなると言われています。

 

また、空気に含まれる菌に侵されていることもありますので、特にお腹が弱い方は気を付けた方がいいそうです。

 

・全体が盛りあがっているものを選びましょう。

 

重さで選ぶ時と同様で厚みがあるものは、中身がたっぷり詰まっていて肉厚の牡蠣を楽しめると思います。

 

次は、むき身の牡蠣を選別する時のポイントです。

 

・全体に丸みがあるもの
・形がつぶれていないもの

・色つやがキレイもの
パックの牡蠣は少し判断しづらいですが、殻を取ってむき身の状態であるものなら、これらのポイントをチェックすると容易に選ぶことができます。

 

ここでご紹介したポイントを思い出しながら、今年の牡蠣選びをしてみて下さい。

おいしい牡蠣の選び方関連エントリー