牡蠣を美味しく食べるためのコツ

加熱用と生食用の牡蠣

スーパーなどで牡蠣を買う場合、パックなどに「加熱用」と「生食用」と書かれたものを買うことがありますよね?

 

殻付きの牡蠣は調理が面倒ですから、むき身がパックされている商品はとても手軽に牡蠣が食べることができるのでとても重宝します。

 

夕飯はお鍋がいいから加熱用の牡蠣、さっぱりポン酢で食べたいから生食用の牡蠣というように、当たり前のように選んでいるむき身の牡蠣ですが、加熱用、生食用として分けて売られているのには、理由があるのです。

 

加熱用と生食用の牡蠣の違いを尋ねると、鮮度が違うのではと思う方もいるかもしれません。

 

本当はそうではなく、養殖している海域の違いによって、分けているのだそうです。

 

これを知って、ビックリした方もいらっしゃるのではないですか?

 

生食用の方が鮮度が高いと思って、いつも生食用を選んで購入していたなんて言う人もいらっしゃるようですよ。

 

生食用として売られている牡蠣は、沖合の海で養殖されたもので、安心して食べられるように、紫外線殺菌をして、牡蠣に含まれた菌を丁寧に除去てから店頭に出回ります。

 

その一方で、加熱用の牡蠣は、岸辺に近い海域で養殖されたもので、加熱調理によって菌を除去することが出来るため、殻を剥いた後ににきれいに水洗いしてすぐに出荷されます。

 

このように、調理方法によって適切な処理をしているので、区別して販売されているのです。

 

生食用は、安全に食べられるもの、加熱用は加熱することで美味しく味わえるもの。

 

表示されている調理に従って食べるとで、パック入りのむき身でも十分な味わいを楽しむことができますよ。

加熱用と生食用の牡蠣関連エントリー