牡蠣を美味しく食べるためのコツ

牡蠣がおいしい時期

牡蠣がおいしい季節というと、これから訪れる寒い季節を思い浮かべるかもしれません。

 

世界を見れば、オールシーズン楽しむことができる牡蠣というものも存在しますが、日本で愛されている牡蠣は基本的に、冬が旬です。

 

最近ではいろいろな生産方法が研究され、季節を気にせず召し上がることができる食材もいろいろとありますが、牡蠣の場合、寒い季節に旬が来るのにはちゃんとした理由があります。

 

牡蠣は、海水の温度が上昇し始める3月〜8月が産卵期となります。

 

この間は、産卵する力がいるため、身は痩せ細り、味も悪くなります。

 

プりップリの食感が牡蠣の醍醐味ですから、これだけでも美味しくないのはわかるでしょう。

 

でも、この頃に牡蠣を食べられないのは美味しくないだけではありません。

 

実はこの頃は牡蠣自体の体力が低下しているため、すぐ菌に感染してしまったり、腐ってしまう可能性が高いからです。

 

海水が温かくなると、牡蠣の食べ物となるプランクトンの中に毒性があるものが増えてくるそうです。

 

毒を持ったプランクトンを食べた牡蠣は、有毒な貝になってしまいます。

 

このような貝を私達が食してしまったら、強烈な中毒症状を起こしてしまうだけでなく、時としては死亡してしまうこともあるそうです。

 

このような理由から、寒い頃でないと牡蠣を楽しむことができないのです。

 

海外ではことわざのようなもので、May、June、Julyといった、スペルに「R」が付いてない月には、牡蠣を食べてはいけないというものもあります。

 

日本では夏に旬が来る牡蠣もありますが、旬ではない食べられない時期には、ちゃんとした理由があることを頭に入れておくと、さらに牡蠣を楽しめるようになるでしょう。

牡蠣がおいしい時期関連エントリー