牡蠣を美味しく食べるためのコツ

牡蠣とアレルギー

だいぶ肌寒くなり牡蠣の美味しい季節になりました。

 

牡蠣に目がない方には嬉しいシーズンなのですが、牡蠣が食べたいのにどうしても食べられない、食べてはいけないという人が世の中にはいます。

 

牡蠣に対してアレルギー反応が出てしまう方です。

 

食べ物に対するアレルギーと言えば、大豆や乳製品、卵、小麦などがよく知られていて、最近食物アレルギーに対する関心も高くなってきています。

 

そのような方の中には、ある限定された食材だけに対してアレルギー反応が現れてしまうという方も多いでしょう。

 

牡蠣は、嘔吐や下痢などの食中毒症状を引き起こした体験がある方も少なくないので、食あたりと決めてしまうケースが一般的かもしれません。

 

しかし、健康状態が良い時に食べても毎回体調が悪くなってしまう場合、しっかり加熱した牡蠣を食しても、毎回体調が悪くなってしまう方は、一度血液検査をするといいかもしれません。

 

牡蠣アレルギーの場合、牡蠣のエキスがアレルギーの要因となるので、牡蠣の身だけでなく、牡蠣のエキスを使ったものを食べても変調が現れるのが一般的です。

 

食中毒症状と同様に、嘔吐や下痢などの消化器系の反応が現れる人、蕁麻疹が出てくる人など症状やその度合いも人それぞれです。

 

しかし、それを軽く考えて「今日は大丈夫だろう」と、何度も症状を繰り返していると、過剰反応が現われる可能性もあります。

 

また、それがきっかけとなり、別のものに対してもアレルギー症状が現れるようになることも考えられますので、十分注意しましょう。

牡蠣とアレルギー関連エントリー