牡蠣を美味しく食べるためのコツ

牡蠣にあたるということ

美味しい牡蠣が数多く店頭に並ぶシーズンになると「牡蠣にあたった」という話も耳にします。

 

一緒に同じ牡蠣を食べても、あたってしまった方がいると近くの人たちも不安になりますが、そんな場面でも全然問題なく牡蠣を楽しめる方もいるので、おもしろいものです。

 

あたる方、あたらない方いろいろですが、いざという時に備えて「牡蠣のあたる」ということ関して、簡単に解説していきましょう。

 

牡蠣にあたるということはかつてからありましたが、あたる人、あたらない人いろいろだったため、一番の理由として、食べた人の体の調子の良し悪しが大きな原因ではないかと思われることが多かったそうです。

 

実際は、その理由によって体調を崩す方もいるので、間違いではありません。

 

体調が良くない時は免疫力が下がっているので、普段は大丈夫なものでも、体に影響を起こすことがあります。

 

これと同様で、免疫力は人によっていろいろで、ウイルスに対して保有している抗体の量や種類も様々なので、その差異によってあたる人、あたらない人が出てくるのではと考えられています。

 

2番目の原因としては、牡蠣そのものの問題があり得ます。

 

同じ環境で育てられた牡蠣でも、形や大きさが違います。

 

これと一緒で、牡蠣自身が蓄積する細菌の量が異なってくるそうです。

 

安心して出荷できるように努力はされていますが、牡蠣が持っている細菌が一様でないため、細菌を完全に取り除くことが出来ないのが現状です。

 

そのようなものを口に入れた場合、あたってしまうこともありますので、牡蠣にあたらないためには、必要なだけ加熱してから食す方がいいのかもしれませんね。

牡蠣にあたるということ関連エントリー