牡蠣を美味しく食べるためのコツ

牡蠣のことどのぐらい知ってますか?エントリー一覧

牡蠣がおいしい時期
牡蠣がおいしい季節というと、これから訪れる寒い季節を思い浮かべるかもしれません。世界を見れば、オールシーズン楽しむことができる牡蠣というものも存在しますが、日本で愛されている牡蠣は基本的に、冬が旬です。最近ではいろいろな生産方法が研究され、季節を気にせず召し上がることができる食材もいろいろとありますが、牡蠣の場合、寒い季節に旬が来るのにはちゃんとした理由があります。牡蠣は、海水の温度が上昇し始める3月〜8月が産卵期となります。この間は、産卵する力がいるため、身は痩せ細り、味も悪くなります。プりッ...
加熱用と生食用の牡蠣
スーパーなどで牡蠣を買う場合、パックなどに「加熱用」と「生食用」と書かれたものを買うことがありますよね?殻付きの牡蠣は調理が面倒ですから、むき身がパックされている商品はとても手軽に牡蠣が食べることができるのでとても重宝します。夕飯はお鍋がいいから加熱用の牡蠣、さっぱりポン酢で食べたいから生食用の牡蠣というように、当たり前のように選んでいるむき身の牡蠣ですが、加熱用、生食用として分けて売られているのには、理由があるのです。加熱用と生食用の牡蠣の違いを尋ねると、鮮度が違うのではと思う方もいるかもしれ...
おいしい牡蠣の選び方
ついに牡蠣の美味しい季節になりました。毎年この時期を待ちくたびれている方も多いのではないでしょうか?毎年お取り寄せをお決まりのところからしている方、今まで味わったことのない牡蠣を探し求めている方など、牡蠣を選ぶ基準は人それぞれですが、ちょっとでも美味しい牡蠣を選びたいという気持ちはみんな同じです。そこで、今回は、美味しい牡蠣を選別するためのポイントをご紹介します。初めは、殻付きの牡蠣を見分ける時のポイントです。・直接に手に取ってみて、重さを確かめましょう。何個か持ち比べてみると重さの違いがわかり...
牡蠣にあたるということ
美味しい牡蠣が数多く店頭に並ぶシーズンになると「牡蠣にあたった」という話も耳にします。一緒に同じ牡蠣を食べても、あたってしまった方がいると近くの人たちも不安になりますが、そんな場面でも全然問題なく牡蠣を楽しめる方もいるので、おもしろいものです。あたる方、あたらない方いろいろですが、いざという時に備えて「牡蠣のあたる」ということ関して、簡単に解説していきましょう。牡蠣にあたるということはかつてからありましたが、あたる人、あたらない人いろいろだったため、一番の理由として、食べた人の体の調子の良し悪し...
牡蠣の毒性について
牡蠣を含め貝類には、毒性を持つことがあることは皆さんもよくご存じでしょう。それは、貝類が食べる海水中のプランクトンが毒性を持っていると、そのプランクトンをエサにした貝が、その毒を自分の体の中にどんどん溜め込んでしまうからです。近年では、安全に食べることができるように処理する研究が開発されているので、私達の食卓に届く時までにきちっと処理されているため、それほど心配することはないのですが、毎年牡蠣のせいで中毒を起こしたというニュースも耳にしますので、牡蠣が保有している細菌について、少しお話ししていき...
牡蠣とアレルギー
だいぶ肌寒くなり牡蠣の美味しい季節になりました。牡蠣に目がない方には嬉しいシーズンなのですが、牡蠣が食べたいのにどうしても食べられない、食べてはいけないという人が世の中にはいます。牡蠣に対してアレルギー反応が出てしまう方です。食べ物に対するアレルギーと言えば、大豆や乳製品、卵、小麦などがよく知られていて、最近食物アレルギーに対する関心も高くなってきています。そのような方の中には、ある限定された食材だけに対してアレルギー反応が現れてしまうという方も多いでしょう。牡蠣は、嘔吐や下痢などの食中毒症状を...
牡蠣の保存方法
ご家庭で牡蠣を楽しもうと、スーパーやお取り寄せなどで購入してきても、その日のうちに食べることができないということもありますよね?こんな時、保存方法はどのようにしていますか?きちんとした方法で保存しておかないと、牡蠣の美味しさが低下してしまうそうですよ。牡蠣を熟知している方が行っている保存方法を何通りかご紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。ひとつ注意したいのは、牡蠣は新しいうちに食べるのが鉄則です。賞味期限が過ぎているような場合は、生食で食べるのは決してしないようにして下さい。1.殻付きの牡蠣の...
殻付き牡蠣の扱い方
殻付きのフレッシュな牡蠣は、生食するのに格別です。殻を開けるところを見ていると、誰にでも簡単にできそうな気がしますが、実際に自分でやろうとした場合、思いのほか上手くできなかったという経験がある方も多いのではないでしょうか?牡蠣は強引に開けようとしても開きません。容易に開けるためには少しのコツが必要なのです。殻付きの牡蠣を開ける場合、ケガをしないように、絶対軍手をしてからこれから説明するように行って下さい。1.牡蠣の平らになっている面を上にして持ちます。2.ナイフが簡単に入るように、ペンチなどで殻...