牡蠣を美味しく食べるためのコツ

栄養豊富な牡蠣

牡蠣には様々な栄養素が入っています。

 

「海のミルク」という別名があるのがその証拠です。

 

また、栄養補給のための食材だけではなく、何とも言えない味わいがあり、私たちに食することの喜びを与えてくれるので、牡蠣の季節を心待ちにしている、なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

牡蠣に含まれている代表的な栄養素をいくつかご紹介しましょう。

 

1.タウリン
牡蠣をはじめとする貝類に多く含まれている、アミノ酸の一種です。

 

タウリンは、コレステロールや血圧を下げる働きがあるため、動脈硬化や高血圧など、成人病の予防に役立ちます。

 

2.鉄分
牡蠣に鉄分が多く含まれているということは、常識でしょう。

 

貧血などの悩みを抱えることが多い女性にとっては必要不可欠な栄養素です。

 

3.ビタミン類
ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2など、牡蠣にはいろいろなビタミンが含まれています。

 

4.カルシウム
カルシウムには、精神を落ち着かせる働きがあったり、体を支えている骨を丈夫にするには重要なものなので、すごく大切な栄養素です。

 

それだけではなく、牡蠣には亜鉛や銅などのミネラル類もたくさん含まれています。

 

以上のように、牡蠣は、1粒で多くの栄養素を摂り入れることができる優れた食材です。

 

日常では簡単には補給できない栄養素も、牡蠣が美味しい季節なら解消できるかもしれません。

 

これからの季節は、美味しい牡蠣がたくさん出荷される時期でもありますから、いろんなメニューで牡蠣の美味しさを満喫しながら、体に恵みを与えてみてはいかがでしょうか?

 

関連情報